Fumihiko Nohira+URBANISTICA / T 047-463-9441/ arihon.f@gmail.com / funabashi-shi Chiba-ken

  • 日本の美しさを語る会
  • tbird
  • googleplus
  • flickr

私たちの家づくり 

<私たちの設計方針>

条件に合わせた断熱仕様の提案

その土地の気候風土、及びお客様の予算に合った断熱仕様を提案させて頂きます。また、温熱計算ソフトを用いて断熱効果・パッシブ効果を検証しながら設計します。

1/1

「安全・安心」の構造計画

木造2階建ての住宅の構造は、建築基準法では軸組計算とN値計算のみが必要とされていますが、それだけでは将来起こり得る大地震に対してその安全性が確保されているとは言えません。私共では、直下率・床剛性・耐力壁線間距離・重心・剛心等、必要な追加計算を行うことで、耐震等級3(基準法の1.5倍となる最高耐震強度)を確保する設計を行います。

1/1

健康に配慮した材料の選定

防蟻剤を始め使用する材料は、健康被害を及ぼさない材料を使用することは勿論ですが、換気計画を含め、カビ・ダニの発生を抑える仕様を提案させて頂きます。

メンテナンス性への配慮

家に使われる材料はそれぞれ耐用年数が異なりますから、生活していれば必ず何らかのメンテナンスが必要となります。私たちはこのメンテナンス性が重要であると考え、メンテナンスし易い設計を心掛けています

1/1

高断熱とデザインが両立する家

高断熱住宅はデザイン上、制約が多いため、デザイナーを自認する建築家の多くは高断熱を忌避する傾向があります。しかし、私たちは高断熱とデザインが両立する家づくりを目指し、実践しています。

他の設計事務所とどこが違うのか?

IMGP0862