Fumihiko Nohira+URBANISTICA / T 047-463-9441/ arihon.f@gmail.com / funabashi-shi Chiba-ken

  • 日本の美しさを語る会
  • tbird
  • googleplus
  • flickr

​おすすめの自然素材をご紹介致します

1990年代に「シックハウス症候群」と呼ばれる住宅由来の 健康被害が問題となりました。 それ以来、自然素材への関心が高まっており、最近ではで きるだけ自然素材を使った家にしたい、というご要望をいた だくケースが増えてきました。

しかし、「自然素材を使った家=健康な家」と単純に考えてはいけません。中途半端に気密性がありながら断熱の効いていない従来の 家では、室内で発生した水蒸気が壁の内部で結露を起こ し、自然素材がカビやダニの温床になってしまうからで す。

自然素材を活かした健康な家をつくるためには、正しい方 法で断熱された、内部結露の心配のない家にすることが大前提です。 以下では、私たちの家づくりでよく使用する自然素材を紹 介させていただきます。 自然素材にご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

外壁材「エステックウッド」(江間忠木材)

外壁材「エステックウッド」(江間忠木材)

防火の制限がないところでは、外壁に耐久性を考慮した焼き杉板やレッドシダーなどの無垢の板材を使用す ることが多いのですが、私たちがそのなかでも注目し ているのがエステックウッドです。

エステックウッドとは国産杉を200°Cの高温で窒素加 熱処理した材のことで、薬剤不使用のため環境負荷が少ないのが特徴です。 防腐・防虫・耐水性に優れ、高乾燥材であるため非常 に軽く、木材特有の形状の狂いが少なくなっています。

もともと、伝統工芸であった仙台埋木(うもれぎ)を再現する目的で開発されたものなので、焼き杉とは 違った深い味わいの木肌を持っていて外壁材に最適です。 値段は高価ですが、値段に見合った魅力を備えているため、予算に余裕がある方はぜひご検討ください。

断熱材「セルロースファイバー」(マツナガのMSグリーンファイバー)

断熱材のなかで一時製造エネルギーがもっとも小さい、古新聞から作られた断熱材です。 専門業者が壁の中にホースで吹き込むことにより、 筋交いがあっても隙間なく密実に施工することがで きます。

高い断熱性はもとより、木の繊維で作られた紙が持つ高い保湿性によって内部結露を防止し、室内の調湿(湿度のコントロール)を助けてくれます。

自然系の断熱材には、羊毛断熱材やフラックス繊維、コルク断熱材などさまざまなものがありますが、そ の多くは海外からの輸入材です。 地産地消の観点から性能の高い国産の自然系の断熱材を選びたい方には、やはりセルロースファイバーを おすすめします。

塗り壁材「スーパー白洲そとん壁」(高千穂)

スーパー白洲そとん壁は、シラス大地で有名な九州の火山灰(シラス)から造られた塗り壁材です。 非常に透湿性と防水性を併せ持ち、関東の気候条件下 ではセルロースファイバー断熱材との組み合わせで外 壁通気層を取らなくても内部結露を起こさずに「透湿 する壁」を実現できます。 やや高価ですが、まさに「大地に還る家」の実現に打 って付けの素材ですので、塗り壁をお考えならぜひと もおすすめです。

塗り壁材「チャフウォール」

ホタテ貝殻とモミ殻からで作られた天然素材の塗り 壁材です。 漆喰塗りより安価なので予算的に漆喰塗りが難しい 場合によく使います。 抗菌性や吸湿性に優れ、消臭効果も発揮します。 空気中の有機化合物を吸着するはたらきを持ち、下 地の有害物質も封じ込める機能もあり、簡単に室内 環境の改善が図れる材料としても注目されています。

内壁材「漆喰」

私たちは、内壁には漆喰塗りをご提案しています。 漆喰は世界的にも有史以前から使われている素材で す。 湿気を通すイメージが強いかもしれませんが、実はさ ほど透湿性は高くありません。 しかし、内壁に使う場合には、できるだけ湿気を壁体 内に侵入させないことが内部結露に対して有利にはた らきます。 よって、「透湿する壁」をつくるうえで適した自然素材といえます。

無垢の フローリング

木の家の床はやはり無垢のフローリングが一番のお 薦めです。 様々な樹種がありますが、私は特に「カバザクラ」 を好んで使用しています。適度に硬いので家具等によ る傷がつきにくく、ちょっとピンクがかった明るい 木肌が魅力です。 これにオスモのウッドワックスなどの浸透性の自然 塗料を塗るとしっとりとした風合いになり、無垢の 木の呼吸を妨げずに撥水効果を保たせることができ ます。

よくウレタン塗装をしたものを見かけますが、これは木肌の表面をコーティングしてしまうので自然素材の良さを損なってしまいますし、逆に傷が目立ち易くなるのでお勧めできません。

浴室用の壁・天井材「サワラ」

浴室は日本人にとっては精神的な場。防水機能だけでなく、 見た目も考慮したいところです。 浴室の壁・天井に水に強いサワラの板張りを採用すること で、冷たいタイル貼りにはない、木肌に高級感や暖かみが演 出できます。

私たちは、温泉気分でリラックスできるインテリアを考えて設計していますので、ご興味ある方はお気軽にご相談くださ い。