Fumihiko Nohira+URBANISTICA / T 047-463-9441/ arihon.f@gmail.com / funabashi-shi Chiba-ken

  • 日本の美しさを語る会
  • tbird
  • googleplus
  • flickr

​”設計へのこだわり”  それは「居心地」をデザインすること

​■「断熱」は”居心地のベースである

野平都市建築研究所の家づくりは”居心地”へのこだわりで す。 私達が「断熱」に力を入れているのは、住まいの温熱環境 がその家に暮らす人の”居心地”のベースとなるものだから です。

高断熱や空調設備によって年中一定の室温を保つ家を造る ことは技術的には難しいことではありません。しかし、私 達はその様な人工的な快適性を追求している訳ではありま せん。

それは、”居心地”には「少し暖かくなって来たね?」 「少し寒くなって来たね?」という様な季節の移り変わ りが分かる感覚が必要だと考えているからです。

私達が力を入れている「断熱」は”居心地”をデザインす る上でのベースとなるもののひとつに過ぎません。”居心地”のベースとして大切なことは、そこに暮らす人 の不安・不満・不快を取り除くことなのです。

■ 大切なのは「不安」「不満」「不快」を取り除くこと
■ 大切なのは「不安」「不満」「不快」を取り除くこと

私達は皆さんにどんな家を望むのか? という質問はせ ず、今、感じている不安・不満・不快についてじっくりヒ アリングさせて頂きます。

新しい家を建てようとする時、皆さんは様々な要望をお持 ちです。中には、それをあらかじめ要望事項としてしっか り箇条書きにしてまとめて来て下さる方もいらっしゃいま す。

しかし、私達はその要望書を傍に置き、皆さんの不安・不満・不快についてヒアリングさせて頂きます。 なぜなら、そこには「なぜ、それを望むのか?」ということは書かれていないからです。

一番大切なことはこの「なぜ?」なのです。皆さん、も うお分かりの様に、不安・不満・不快についてのヒアリ ングをする、というのは、まさしくこの「なぜ?」を知 るためなのです。そして、皆さんのご要望のほとんどは この不安・不満・不快を解消したいということに他なら ないのです。

​■ 家はあなたらしさを表現するもの

次に、私達は皆さんに将来の夢を語って頂きます。それ は、もしかしたら今始めようとしている家づくりとは関係 のないことかもしれません。

しかし、私達は「家」が「家族が暮らすための単に機能的 な器」であるとは考えていません。私達は「家はその人の 世界観、即ち思想である」と考えています。

芸術家と総称して言われますが、音楽家、画家、彫刻家、 建築家、作家など、「家」という字の付く職業がありま す。そこに共通しているのは、何らかの手段で「自分自身を表現している人」ということです。

即ち、「家」とは、お仕着せのもののなかから選ぶもの ではなく、ほかの誰でもないあなたらしさを表現するも のなのです。

では、「あなたらしさ」とは何でしょう? それはあな たの「美意識」に他ならず、”居心地”のデザインとは、 そこに暮らす家族の美意識を反映したものなのです。